動画編集のやり方がわかる無料レポートを差し上げます

こんばんは。ららです。


今日も読んでくださりありがとうございます。




前回のメルマガで、


「新作レポートをお届けします!」


と、高らかに宣言したわけですが、





大変お待たせいたしました。


ようやくあなたにお届けできる手はずが整いましたヽ(´▽`)ノワーイ


「楽しみにしてるよ♪」のクリック、
ありがとうございました。


何十名もの方が愛をこめてクリックしてくださったので、
すっかり気分よく作業することができました(笑)




出し惜しみするわけじゃ~ないんですが、
ちょっとその前に、動画について語らせてくださいね。




え~コホン、


ご存知の通り、
動画にはいろんな使い方があります。


私たちはアフィリエイターですから、
動画を利用して、


・商品のレビューで魅力を伝えたり

・ツールの使い方を解説して売上につなげたり

・外注さんやコンサル生さんに説明してわかってもらったり


そんなふうに使うことで、
動画のメリットを思い切り感じています。


YouTubeから集客する~なんて手法も
今じゃずいぶんとメジャーになりましたしね。


YouTube動画って上位表示されやすいんです。
ブログに比べてライバルが少ないからでしょうかね。




私も、アフィリエイトに動画を取り入れるようになって
ものすごく世界が広がりましたし、
前よりご購入していただけるようにもなりました。


動画でレビューしたり
イメージビデオのようなものを作ったりするのは、


やってみるとわかるんですが、想像以上に効果があるんです。


「楽しそう」「なんかデキそう」「ワクワクする」
といった、プラスの感情を伝えられるからでしょうね。


これはもう、
使わないと損するレベルだと私は思ってます。




でもね。




実は、今、私があなたに1番伝えたいのは
そこじゃ~ないんです。


ネットビジネスという狭~い世界の話ではなく、


アフィリエイターじゃない人も、
ユーチューバーじゃない人も、


人間であれば誰もが感じる「感動」


まずはその感動を、
動画編集によって作り出していただきたい。


人生にうるおいを与えてくれる
感動の涙や、笑いや、感謝や、思い出や…。


大人になるとついつい忘れてしまう
そんな気持ちを、動画は思い出させてくれます。




たとえば…。


彼女と初めて旅行した、あの素敵な景色や感動


待ち望んだ赤ちゃんが生まれてきたときの
あの何とも言えない感激


まだまだ小さいと思ってたお子さんが
小さな体で一生懸命戦った野球の試合


大好きだった友達が引っ越してしまう時に
2人で語り合った友情


全身で愛してくれたおばあちゃんが
亡くなったあとに昔の写真を見ながら泣いたこと


などなど。




私がまず最初にあなたにお伝えしたいのは、
そういう気持ちを思い出として残しておける動画を
作れるようになる技術です。


今日、あなたにお渡しするレポート。


このレポートマスターし、そしてさらにちょっと応用するだけで、

・子供の部活の試合のビデオを感動の試合に編集して何度も泣く
・幼稚園の卒園記念ムービーを作って先生やママたちにプレゼント
・子供の何気ない日常を音楽に乗せてムービーにして、遠くのおばあちゃんにプレゼント
・亡くなったお父さんの在りし日の写真を編集して、いつまでも色あせない思い出に
・恩師の先生の引退を記念して、教え子全員からのメッセージをあの頃の写真とともに

といった動画を作ることができます。


私は、このような動画を今まで何本も作ってきて、
たくさんの方からお礼の言葉をいただいています。


ポイントはやっぱり「音楽」なんですよね。

著作権の問題は正確に理解する必要がありますが、
内々で楽しむだけなら、好きなアーティストの音楽を使うのもアリです。

私も、嵐やらAKBやらの音楽をバンバン使っているので、
ここではご覧いただけないのがもどかしいところです。
(商用利用になってしまいますので^^;)


自分の子供だけじゃなく、
ママ友に頼まれて、知らない子の記念ビデオを作ることもあるんですが、

編集しているうちに、全員がすごく可愛く思えてきて、
何度見てもウルウルしてしまうビデオに仕上がります。


ビジネスに利用する前に、
まずはあなたの人生に動画を取り入れて欲しい。


そんな想いで新作レポートをプレゼントさせていただきます。




題して

『基本。だけど感動だってできちゃうよ♪
え?これだけでいいの?
拍子抜けするほど簡単な動画編集入門』


こちらのフォームから受け取ってください。
⇒ http://info.motomi3939.com/c/815/




ではではまたメールしますね。